BLOG―ブログ

プレカット工場見学

ある計画中の物件に使うことになろう、構造材の柱を始めとする主要部材がどのように作られるか、見学に行きました。


これまで取引をしていたプレカット業者が変わったので、工場内でどのような工程を踏んでいるか、実際に発注をすると納品されることになる材料などの確認に行ったというわけです。
木造3階建ての家に、構造用合板という厚くて頑丈な合板を床と壁に使っていくわけですが、やはり実際に製造されている所を見ると安心できます。
プレカットは人の手で制作したCADデータをプレカット機械に入力すると、人間が操作しなくても自動で機械がプレカットしていきます。そのため、低コスト、高精度な加工が可能になり、工期の短縮に繋がります。


写真の様に分厚い(28ミリ)構造用合板を使用します。
実際に工事をしていくとプロジェクトの方で進行状況をアップしていこうと考えています!

合板が登場するのはだいぶ後になりますが(笑)

P1060022.gif

テニスクラブハウスの地鎮祭

テニスクラブハウスの地鎮祭が行なわれました。

今現在テニスのレッスンをされていますが、更に環境を良くしようと発起された物件です。
山の登り坂の中腹にある土地で、
建築場所のある一面が崖地になっており開発行為が必要なったり、農地転用が必要になったり、
その他もろもろ.....建築確認申請をするまでお施主様にも随分とお待ち頂きました。

やっと!.....やっと!!!
地鎮祭が出来るまでに計画が進み!関係者一同はやっと工事が出来るんだとほっとしています!

ローコストでお施主様のご希望に添えるよう、何度も打合せを繰返しました。
これからプロジェクトにて工事進行状況をアップしていきます! 

↓プロジェクトへジャンプ↓

http://www.s-raku.com/project/index12pdt.html

P1050981.gif

susuー素住―

自分らしい暮らしをデザインする『SUSU』 2011 NO.11号 に泰泉寺邸が掲載されました。

泰泉寺邸は2年前に京都の比叡平に新築設計したお家です。

出会いは室内楽が10年前に発行しました【室礼12章】を偶然持たれており、家造りに対する考え方が同じだという事で設計を依頼されました。

【6章】に“大切なのは食べる事”と言う文章を書いたのですが、とても共感して下さいました。

施主の由子さんはバリ島にアトリエを持ち9年掛かりで何処にもない竹で染め上げた『白色』を創りました。

住素材に対しても大変拘りを持たれ(妥協は許されません!!)大変苦労・・・イエイエ勉強になりました!!

何処にもない手造りのキッチンから造り出される料理は心も身体も喜びます!

暮らしを楽しみ、食を楽しむ・・・泰泉寺さんの生活は心豊かな生活そのもののような気がしました。P1010238---コピー.gif

http://www.ozone.co.jp/books/livingdesign/