BLOG―ブログ

おめでとう!おめでとう!!

29/30日【テラスダイニングのある家】が無事竣工を迎え、施主様のご好意で見学会を開催しました。

昨年【ひだまりの家】のお宅を見学にこられたご夫婦で、お家を気に入って下さり、設計を始めてからちょうど1年になります。
その時2歳のユウ君は3歳になりそして昨日赤ちゃんがお腹にいる事がわかり来年には4人家族になると聞き、喜びが2倍になりました。お料理作りが好きな奥様のご希望でキッチンが家の中心にあり、すべての部屋につながっています。そして外部からは見えなくて、キッチンに立つとダイニング・テラス・庭・そしてエントランスまでも見渡せるようになっているので安心して子育てできると思います。

たくさんの方が見学にこられ皆さん大変熱心に質問されていました。現場監督さんもこのお家は初トライが多く苦労されたそうですが、大変満足されていて・・・自分は外にいますと言われていたのに・・・いつの間にか部屋の細部をちょっぴり自慢げに説明されている姿をみると・・・設計士は【腕も心も良い仕事人】に建ててもらえて幸せだなあ!!と思うのでした。

施主さまにとっては待ちどうしい1年だったと思います。これから新しい家を楽しみ、そして地域の方々と笑顔で暮らせるよう応援してます!!いろいろ至らない所もあつたと思いますがいつもお気遣い頂きありがとうございました。

おうどん本当にファンになりました。特にだしが美味しい!!

【ご来場ありがとうございました】


terracedining1.jpg

terracedining3.jpg

terracedining2.jpg

カフェ・ベランダさん

香川コーディネータ協会開催で仁尾町のベランダさんのご自宅のお茶室とカフェの見学会がありました。

茶室を持つ和の住宅に住まわれながら仁尾町のカフェは18年前から、こだわりを少しずつ理想のかたちに造ってゆき、プロヴァンス風の店内とガーデンテラスを造り上げたそうです。
目の前に広がる海と花々に囲まれフランス旅行気分のティータイムでした。皆さんも是非足をお運びください!

veranda1.jpgveranda3.jpg

事務所の羽衣ジャスミンがいい香りです

jimusyo2-1.jpgjimusyo2-2.jpg

山口の家に感謝

石亭を後に山口県で竣工を迎えられたお家に向かいました。築100年経った呉服屋さんで空き家になっている建物と中庭を挟んだ築30年の建物60坪の大掛かりなリフォームです。リフォームは図面どうりに行かないのが常で現場との勝負でした。昨年11月から今日まで6ヶ月毎週泊りがけの仕事でした。旅好きの私もさすがに片道4時間は、最後に近づくと疲れのせいなのか、乗り慣れた新幹線で上りのつもりが下りに乗り居眠りしていて気がつくと下関に着いたり、又ある日は乗り越して京都に着いたりと・・・・・でも妻にTELすると慣れているのか“気が向いたら家に帰ってね!”でした・・・お施主様は朗らかなご主人と奥様は妻の鏡の様な方で行く度に手料理を用意していて下さり、まるで親戚の家のような居心地の良さを感じていました。茶髪で30代の建築会社の社長兼現場監督は次々に起こる難題を一生懸命黙々とこなし、私の至らない所までカバーしてくれ安心して任すことが出来ました。あと、この仕事に携さわっていただいた皆さん、責任感とプロ意識を存分に発揮され頭の下がる思いがしました。お蔭様でお施主さまにはすべてが気に入りました!お家の宿帳を作って待っていますので、いつでも泊まりに来て下さいね!と嬉しい事をおっしゃってくださいました。このお家に関わった一員として感謝しております。

【 6月・TV放映される予定ですのでご覧になってくださいね!!】

松山の施主さまに感謝!!

松山でお家の竣工引渡しがありました。
H19年完成した【道後の家】の引渡しが近づき、しばらく道後温泉の湯に浸かる事も無いかな・・・と思っていた処【祝谷の家】の依頼があり20年に完成!【清風明月楼の家】が21年完成!そうして大安の良き日【石手の家】の竣工を迎えることが出来ました。
世代も家族構成・暮らしやこだわりそれぞれに違いや想いがありますが、同じ四国に住む人々が身近な素材を使用し健康で長持ちする家“四国の家”を直接観て、感じて、つながり、こうして松山の地で5年に亘り仕事をさせていただく事が出来ました。往復の電車の中での読書・・居眠り・・そして伊予のうまい魚!地酒!
今度はいつ楽しめるのやら・・・・・・・つづきはまた明日!!・・・・・・・

『キッチンの説明&施工チェック』
ide1.jpgide2.jpg

石亭さんに感謝

松山の引渡しが終わり翌日、山口県の竣工引渡しがあるので、しまなみ海道を渡り広島の宮島にある【石亭】さんに泊まりました。海と山そしてゆるやかな勾配の庭をやさしく包み込むような、建ちを低く抑えた数奇屋建築の建物。写真では伝わらない美しく穏やかな空気感が漂っていました。部屋は身の丈にあった寸法の落ち着ける空間。古い物と現代の家具の調和、そして室礼(しつらい)もさりげなく心をくだいておられ、普段ものんびりしている私ですが尚の事ゆるゆるとさせてもらいました。【はるかぜの 柳のもとに まどろいて あそぶ今日しも こころのどけし】と床の間の掛け軸のしつらいはご主人のお母様の書です【薫風の しとね石亭 まどろいて 揺らぐ瀬戸内 いのちながらう】お返しの歌を詠ませていただきました。

【庭側ファサード・・・まどろむ大野・・・談話室】
ishitei1.JPGishitei2.JPGishitei3.JPG

母の日によせて

こんばんわ!!槙弓です。ある日大野とバトルをしているところ私の携帯が鳴りました。
着信はきんこちゃんです。もしもし今ケンカ中 なんやけど!と言うとじゃあまた後で掛けるねとの事。しばらくしてメールが・・・・
ケンカどっちが勝ったちあ?ときん子ちゃんからです。もちろん私と送信するとともう年なんだから仲良くしてね!と返信が来ました。
きんこちゃんとは大野の母です。高知県人らしくとても元気でユーモアがあって大野と顔も性格もそっくりです!
私が大野のグチを言うといっしょに怒ってくれる時もありますが・・・槙弓ちゃんのしつけが悪いんちゃ!と言われます。
ふつつかな嫁ですみません・・・・いつも野菜や手づくりのパンやおまんじゅうを送ってくれてありがとう!!
かなり太りすぎなので身体にはくれぐれも注意してくださいね。

『母のボディーガード犬&大きなよもぎまんじゅう』
manjyuu.jpgbodygard.jpg

お茶つみ

お茶摘みに高知の実家に帰って来ました。実家は弐二淀川町の中津川渓谷からひたすら山の頂を目指して30分登るとまわり一 面杉林に囲まれたところにあります。4年前に父が亡くなり母一人と大きな犬(肥満)2匹が暮らしています。高齢なので心配で月に一度は帰っています。いっしょに暮らせるように部屋も用意してあるのですが、お茶作りがあるからと香川に来てくれません・・・お茶作りと言っても家族が飲むだけの量なのですが、母には完全無農薬でないとだめとのこだわりがあるのです。毎年50キロの葉をすべて手で摘まないとだめなので4人で丸一日かかります。本当に大変ですがおかげさまで美味しいお茶を頂いてます。感謝感謝!・・・お茶の葉のてんぷらもおいしいです!

【茶畑と中津川渓谷のこいのぼり】
cya1.jpgcya2.jpgcya3.jpg

オープンガーデン

オープンガーデンのご案内をHPで前日にご案内したのですが、急なのでどなたかHPをご覧になってくれたらいいネ!
と言いながら草むしりをしていましたところ、現在建築進行中のNさんfamilyとAさんfamilyが来てくださいました。
打合せの時は決定事項が多くて話が横道にそれないようにしたり、多少緊張もお互いにしていると思うのですが、お天気がよく木陰の下でお茶しながらいろいろお話が出来癒されてしまいました。ちょうど16年前自分たちが家を建てた年代と同じ年ごろのご夫婦と庭で遊ぶ小さい子供さんを見ているとあの頃は若かったネ!と思わず口に出てしまう大野familyでした。お休みの貴重なお時間をありがとうございました!